2014年01月11日

UnityのRigidBodyや物理特性マテリアル設定

UnityのRigidBodyや物理特性マテリアル設定をよく忘れるので自分用にメモw

Rigidbodyの設定

Mass … 質量 min 0 max 100
Drag … 移動させるさいの空気抵抗 0だと空気抵抗なし
Angular Drag … 回転に対する空気抵抗 0だと空気抵抗なし
Use Gravity … 重力のON、OFF
Is Kinematic … 物理エンジンによる影響のON、OFF ONだと物理エンジンの影響を受けない
Interpolate … アニメーション間の動きを補完してくれる
Collision Detection … 衝突検知に使われる
Constranints … 特定の軸の動きを制限する



物理特性マテリアルの設定

Dynamic Friction … 物体が動いてる時の摩擦係数 0だと摩擦なし min 0 max 1
Static Friction … 物体が止まってる時の摩擦係数 0だと摩擦なし min 0 max 1
Bounciness … 反発係数。跳ね返りの強さ。0だと反発なし  min 0 max 1
Friction Combine … オブジェクト同士が衝突した時の摩擦係数の計算方法を指定する
Bounce Combine … オブジェクト同士が衝突した時の反発係数の計算方法を指定する 
Friction Direction2 … 衝突した時の方向が摩擦によってどう影響するか指定できる
Dynamic Friction2 … Friction Direction2を設定した時に使われる。物体が止まってる時の摩擦係数。
Static Friction2 … Friction Direction2を設定した時に使われる。物体が動いてる時の摩擦係数。




posted by castor-09 at 10:08 | Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

Unity開発用メモ

自分用のメモをずら〜っと…

現在進行中のシーン名の判別

「Application.loadedLevelName」からシーン名読み込める

マテリアルの透過

透過テクスチャを設定、マテリアルのShaderをTransparentに設定

当たり判定をアニメーションに付いてくるようにする

メッシュではなくboneにBoxColliderなどを設定するとアニメーションに付いてくるのでIsTriggerで当たり判定を判別することができる

オブジェクトをシーンの移動で破棄させない

ontDestroyOnLoad(this.GameObject)をつかう

座標二点の間の距離を測る

Vector3.Distance(pointA, pointB);
float型で返ってくる



posted by castor-09 at 13:41 | Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

Unity付属のMonoDevelopの日本語化とフォント変更について…

フォント変更はサクッとできたのに日本語化ができない!と思って調べましたがどうやらUnity付属のMonoDevelopには言語ファイルがまるっと入ってないみたいです。ですからJapaneseに設定しても英語のまんま…

こちらのMonoDevelopをDLしてインストール。Xmarin studio/bin/localのlocalフォルダをUnity/MonoDevelop/binフォルダ内にコピー、これで日本語化できました…これで良いのかわかりませんけどw



ちなみに言語の設定方法はtools→options→Preferences→VisuralStyle→UserInterfaceLanguageにて設定できます。
フォントはtools→options→Preferences→Fontsで設定できます。ちなみに自分はメイリオが好きですw



posted by castor-09 at 17:13 | Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする