2013年05月07日

米沢旅行…「御殿守」について

少し前のことになりますが、家族で米沢に旅行に行ってきました。リア充な弟に感謝w

泊まった宿は赤湯温泉の「御殿守」という宿。ホームページはこちら
<御殿守の外観>



上杉の御湯とあって、中は上杉が満載。
毘沙門天の銅像や上杉謙信や景勝の書状、着ることできる甲冑とか川中島合戦の屏風やらなんやらと色々あって終始テンション高かったwあまり興味なかったけど上杉鷹山系もたくさんありました。
<時の倉に飾ってあった甲冑>



夕食は山形牛のしゃぶしゃぶと米沢牛の石焼
お品書きを見ると<山の幸雅膳>というらしい
米沢牛がとても美味しかったです。
しかし一番感動したのはお米の美味しさ。「つやひめ」がモチモチしてて滅茶苦茶美味かった!
おかげで弟は6〜7杯もおかわりして食べていましたw
写真には載っていませんがこのあとに揚げ物とデザートが追加で来ました。
<夕食の内容>



そして夕食後落ち着いたら温泉へ…
と考えていたら温泉の先陣を切った弟が凄い勢いで帰ってきて「凄いから今すぐ来るべき!」と叫ぶので行くことにw
温泉には東湯と西湯があり、夜12時に男女切り替わるらしいです。
とりあえず東湯が男風呂だったので東湯へ。

内湯はまぁよくある感じの温泉だった。ただ将棋盤と駒が置いてあるのが不思議だったw
ただ露天風呂はとても良かった。
東湯だと原石風呂の景色が良く、空が見え手前に烏帽子山公園の桜がライトアップされて見えるという絶景っぷり。
しかも原石風呂はほとんど一人用みたいな感じなのでゆったり入れます。開放感と景色のおかげでとてもくつろぐことができました。
ただ原石風呂は源泉掛け流しではなかったので単純に温泉の気持ちよさでは源泉掛け流しの枡風呂の方が上でした。
<東湯ー原石風呂からの夜桜ー>



そして温泉から上がると母親と弟は早めに就寝。
自分は12時過ぎまで粘って西湯を狙うことに…
12時ちょっと過ぎて行って見たらサンダルたくさんあったので尻込みして帰還。
夜中の1時まで待ったら入浴者0人だったのでそのまま西湯へ…
こちらからの方からだと桜が真上に見えて良かった。ただライトアップはもう終わっていて残念無念。
西湯は原石風呂の代わりに青森ひば丸太風呂が用意されてたけどやたらヌルかったのも残念。

ただ東湯、西湯ともに似たような感じなのでどちらがハズレってのは無いと思いました。
そして西湯から上がるとそのまま就寝…2日目へ…

朝食は質素な感じながらも結構な量がありました。
「かてもの」のウドが一番美味しかった。ただ朝食はお米が「つやひめ」では無くなってたのが残念…。

<朝食の内容>



このあと談話室で無料のコーヒーをいただきつつ置いてあった上杉謙信の本を読書。
その後にパワースポットとなる龍穴洞へ。
横穴のトンネルくぐった奥に龍の像とかあったりで、雰囲気良かったです。
上杉謙信が毘沙門堂や護摩堂に篭ったりしてたけどそれを意識した作りなのかなぁと思った。
<龍穴洞>



その後泣く泣くチェックアウト…

浴衣と一緒に置いてあった羽織が上杉の家紋が入っていてとてもかっこよかった…
この羽織欲しい…
<浴衣と羽織>


あとは適当に「御殿守」で撮った写真をペタペタ…


<お宝探しの札>


<ラウンジの様子>


<上杉謙信の書状>





posted by castor-09 at 00:51 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

RIP…

Slayerのギタリスト、ジェフ・ハンネマン
マーベラスサンデー産駒、障害期待の星マーベラスカイザーが立て続けにこの世を去った…

これはかなりショックがデカイ…
GWに赤湯温泉に泊まって米沢行ってきたけどそれがぶっとんだと言っても過言ではない…
ただ忘れないうちに旅行は日記にまとめようとは思う…はぁ…つらい…



posted by castor-09 at 00:47 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする